もののもの

20台後半の無職デザイナー 。会社を勢いで辞めたので収入を得ようと奮闘してます! いつの日か移住することが目標! このブログは、ブログ、デザイン、フリーランス、商品紹介などについて記事を書いていきます。

【フリーランス】プロダクトデザイン、仕事をもらうが報酬が低い

こんにちは
monagaです。
 
フリーランスの活動についてのお話です。
プロダクトデザインの仕事の報酬額について、色々と思ったことがあったので
記録をしていきます。
 
 
 

仕事のオファー

 
 
 
私は現在、無職のデザイナーですが、最近、仕事のオファーを頂きました。
仕事内容もプロダクトデザイン関係でして、私としては非常にありがたい話です。
 
正直なところ、不安な気持ちではあります。
ただ今の状況では、仕事を選りすぐりもできるわけではなく、
また自分にとってまたとないチャンスです。
 
 

 仕事の内容

 

 
期間
期間としてまず3ヶ月、
製品を仕上げるため最低で比較的長期、1年ほどのプロジェクトのようです。
 
報酬額
これが問題です。
正直なところ相場がわかりません。
 
今の提示金額では、掛かりそうな作業時間で割ると
時給700円ほどの計算になります。
 
これだとバイトをしたほうが稼げてしまいますね。笑
作業スピードは早めればその分問題はないのですが、、
 
希望は時給換算で1500円ほどもらえることが理想です。
今の倍の計算になります。。。
 
 
報酬が低いことによる不安
 
私は貯金を食いつぶす生活なため、もし底をつくようであれば、
再就職しなければなりません。
1年単位のプロジェクトなのに、場合によっては途中退場もあり得ます。
 
また、月の大半をこの仕事に奪われることで、他のことに手が回らなくなる可能性です。
今のこのブログも、1記事あたり1時間〜2時間かかってしまっています。
生意気ではありますが、せっかくフリーランスになるのであれば、
余裕をもちながら仕事をしてみたいものですね。
 
 

交渉をしてみる

 
以下のことを伝えます。
  • 相手に私の収入状況をしっかりと話し、途中退場の危険性がある。
  • 作業量とかかる時間を伝え、相場を理解してもらう
  • 報酬が上がれば、多く時間を費やせるようになる 
 
フリーで働くには、営業力、交渉力が必要
 
頭ではわかっていましたが、実感しました。
 
私には営業力は備わっていません。
交渉力はちょっとだけあります。
 
これからこのような経験が多くなるかもしれないので、
鍛えたいと思います。
 

 

交渉が失敗したら
 
今回の報酬額アップの交渉も、うまくいくかわかりません。
それでも交渉を諦めないようにします。
日数が立てば、交渉材料も増えていきます。
今月はこれだけの時間がかかった。
相場はこれくらいで、現状と差がある、など、方法はいくらでもあるので、一度で諦めないようにします。
 
 
 
 

他、人に会う頻度の変化で分かったこと

 
 
以前から人付き合いが苦手で、内向的な性格です。
今まで、打ち合わせなどで人と合うとき、精神エネルギーを削がれ、疲れを感じました。
今回の打合せでは、精神的に楽で以前より真摯に望めました。
 
違いは何かと考えたとき、
今、会社を辞めてから人に会う機会が減り、精神エネルギーの消耗が抑えられていた事をに気づきました。
  
このくらいの頻度で人に会うことが、
自分にとって最適だったようでした。新たな発見です。
 
 
 

今後の目標

 
 
収入源を複数持ちたい
 
月数万円の仕事を複数もって生計を立てるのが理想です。
今回の仕事を含め、このブログでも収入を得る。クラウドソーシングで得る。
まず3つの収入先を確立することを目標にします。
 
頑張ります。