もののもの

20台後半の無職デザイナー 。会社を勢いで辞めたので収入を得ようと奮闘してます! いつの日か移住することが目標! このブログは、ブログ、デザイン、フリーランス、商品紹介などについて記事を書いていきます。

初心者ブロガー カフェでブログ書きを挑戦してみる

 

ブログの更新に飽きる

 
こんにちは
初心者ブロガーのモナガです。
 
ブログを初めて10日目になり、
私の飽きっぽい性格が顔を覗かせました。
さっそくブログを更新する気が全く起きなくってしまいました。
 
 

試しに環境を変えてみる

 
家にいるから駄目なのだ!と勝手に責任を環境になすりつけ、
私は近所のカフェに向かいました。
 
 
カフェはドトール
初心者ブロガーの私に、スタバで Macbookを広げドヤるのはまだ早いと思いました。
日々利用させていただいてる、ドトールさんで挑戦です。
 
 
使用環境はMacbookPro(13inch、2013Late)
Appleは好きです。
 
 
今までカフェでパソコンすることはほぼない
 どちらかと言えば「カフェ+MacBook=ドヤラー」を冷ややかに見ていた私です。
 
わざわざカフェでパソコンを触る意味を見いだせず、
家で作業すればいいのに、と思っていた節はあります。
 
 
 

実践してみてた結果、気付いたこと

 
意外とパソコンを開いている人は多い
店内に20人ほど人がいますが、パソコンをひらいっている人が5人程。
高い割合です。
 
席をさがして座りますが、隣の人もMacbook。
少し恥ずかしさを感じました。
 
 
周りの人との距離は近い
 今まで私が働いていた会社では、一人分のスペースが大きく
感覚が隔てられていました。
カフェでは、席と席の距離も近く少し緊張します。
 
正直、カフェでブログを書くのは、私に向いてなさそう、と少し感じました。
 
 
隣の人の動きが分かる
 席が近いため、隣の人の動きが視界に入ります。
 
この記事を書いている時、隣の人が靴を脱ぎ、あぐらをかき始めました。
カフェで裸足であぐらをMacをいじる。なかなかのツワモノです。
 
 
誘惑は少ない
 一つ大きなメリットとして、誘惑が少ないことを挙げられます。
家には「switch(ゼルダ)+ベッド」と屈強な誘惑魔が存在します。
気を抜いたら最後、ベッドの上でswitchと一緒にハイラルへと旅立っていることでしょう。(switchを売ればいい)
 
 
 

結論

 
集中できる
でも隣に人がいると気が散るので、席は大事
また利用したい。
 
誘惑はなく、環境音も程よいため、集中できます。
新鮮な経験でしたが、思いの外悪くないとの結論にいたりました。
 
 

もちろんカフェはパソコンをする場所ではない。長いは禁物

 
カフェでパソコン使用し、席を長時間独占する人も多くいます。
本来の、カフェとしての利用(飲食)のお客の迷惑になるという意見も多くあり、私もそう思っています。
 
これからまた利用する機会がありそうなので、
店の混雑状況をみて、迷惑にならないよう心がけたいと思います。